コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カフエ国立公園 カフエこくりつこうえんKafue National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カフエ国立公園
カフエこくりつこうえん
Kafue National Park

ザンビアの南部にある国立公園。 1951年設定。面積2万 2400km2標高 975~2000mの高原。カバゾウライオンシマウマワニコウノトリコンドルツルなどがみられ,特にクロサイの保護地となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カフエ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【カフエ国立公園】

Kafue National Park》ザンビア中西部にある国立公園。1950年代に同国で初めて設立されたアフリカ最大級の国立公園として知られる。面積約2万2400平方キロメートル。ザンベジ川の支流カフエ川が流れ、氾濫原サバンナ疎林が広がる。アフリカゾウ、カバ、シマウマなどの野生動物が生息する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カフエ国立公園の関連キーワードザンベジ川ザンビア

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android