コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カミツレ 〈オランダ〉kamille

百科事典マイペディアの解説

カミツレ

カミルレ,カモミールとも。ヨーロッパ原産のキク科の一〜二年草。ハーブとして広く栽培される。茎はなめらかで,高さ50〜80cm,葉は羽状に裂ける。夏,茎頂に径1.2〜2cmのキクに似た白色の頭花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カミツレ

カミルレ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カミツレ
かみつれ
[学]Matricaria chamomilla L.

キク科の耐寒性の一年草。種名はカモミルラが正しいが、一般にカミツレという。ヨーロッパから北アジアにかけての原産。全株無毛でよく分枝し、高さ50センチメートルくらい。葉は2~3回羽裂し、細く糸状をなして短い。全草芳香がある。夏、各枝の頂部に径2.5センチメートルの花をつけ、中心の管状花は黄色、周囲の舌状花は白色の頭状花をつける。頭状花を乾燥したものが民間薬の「カミツレ花」である。ヨーロッパでは古くから茶のように煎(せん)じたものを飲むと発汗、解熱に効があるといわれ、また口内炎、咽頭(いんとう)炎の消炎薬として用いられたり、芳香保温、浴用にも用いられる。同属異種で園芸上マトリカリアとよんでいるものはナツシロギクで、秋播(ま)き花壇、切り花、矮性(わいせい)種は鉢物にする。[山口美智子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカミツレの言及

【アンセミス】より

…同属には100種足らずがあり,そのうち10種くらいが栽培され,A.tinctoria L.のほか,健胃剤や強壮剤,ヒステリーの薬として有名なローマカミルレA.nobilis L.(英名camomile∥chamomile),一年草で白色花を咲かせ,切花に使われるキゾメカミルレA.arvensis L.などがある。カミルレはカミツレともいわれるが,これはオランダ名カミルレkamilleのなまったものである。花壇に植えたり,または切花用に使われる。…

※「カミツレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カミツレの関連キーワードハナワギク(花環菊)ハーブ・ティーミルキーのど飴ハーバルメッド岐阜県大垣市マーガレットマトリカリアハナワギク大木 惇夫アンセミススズラン香料植物ハーブ茶帰化植物毛染め浴用剤ポプリ加密列薬浴毛染

カミツレの関連情報