コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カメバヒキオコシ かめばひきおこし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カメバヒキオコシ
かめばひきおこし / 亀葉引起
[学]Rabdosia umbrosa (Maxim.) Hara var. leucantha (Murai) Hara

シソ科の多年草で、山地の半日陰に生える。茎は方形で下向きの毛がつく。葉は対生し、卵円形で長さ5~10センチメートル、先は切れ込んで尾状となる。8~10月ごろ、まばらな花穂をつくり、青紫色の花をつける。まれに白花のものもある。花冠は筒状二唇形で長さ8~10ミリメートル。和名は、ヒキオコシの仲間で、葉の形がカメに似ていることによる。本州中部以北に分布する。変種のハクサンカメバヒキオコシは葉の先に粗い鋸歯(きょし)のある大きな裂片があり、中部地方西部に分布する。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカメバヒキオコシの言及

【ヤマハッカ】より

…本州中部地方中南部に分布する。カメバヒキオコシvar.leucantha (Murai) Haraは葉が円くて頂裂片だけが尾状に伸び,本州の中部地方と関東地方の山地に分布する。【村田 源】。…

※「カメバヒキオコシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カメバヒキオコシの関連キーワードオオゴマシジミ村田