コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラスザンショウ からすざんしょう

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カラスザンショウ

ミカン科サンショウ属の落葉高木。高さ7メートルほどのものを多く見かけ、若い幹には小さな鋭いトゲがつく。種子は鳥によって運ばれてよく芽吹き、伐採地などの裸地で真っ先にはえることが多いため、「パイオニアプラント」とも呼ばれる。

(2016-11-17 朝日新聞 朝刊 大分全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラスザンショウ
からすざんしょう / 烏山椒
[学]Zanthoxylum ailanthoides Sieb. et Zucc.

ミカン科の落葉高木。高さ5~8メートル、枝に刺(とげ)が多い。葉は長楕円(ちょうだえん)状披針(ひしん)形、長さ5~10センチメートル、縁(へり)に鋸歯(きょし)があり、裏面は白緑色、もむとバニラの香りがある。奇数羽状複葉で、小葉は10対前後。雌雄異株。夏、円錐(えんすい)花序を頂生し、花は多数で小さく、淡緑色。萼片(がくへん)、花弁とも5枚。雄花は5本の雄しべ、雌花は3枚の心皮からなる1本の雌しべがある。(さくか)に辛味のある種子があり、これが名の由来とされる。本州から沖縄の暖地の林縁に生え、中国、朝鮮、フィリピンにも分布する。[古澤潔夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカラスザンショウの言及

【イヌザンショウ】より

…果実を民間薬とする。本種に似て落葉高木となり,枝に太いとげをもち,葉は長さ30~80cmに達するカラスザンショウZ.ailanthoides Sieb.et Zucc.は日本(小笠原,本州,四国,九州,南西諸島),台湾,中国に分布する。二次林に多く,材はげた材となる。…

※「カラスザンショウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カラスザンショウの関連キーワードミヤマカラスアゲハモンキアゲハカラスアゲハクロアゲハ紋黄揚羽熊山椒下駄木大山椒遷移熊茨棒楤塩地山槐

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android