カラック(英語表記)carrack

翻訳|carrack

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラック
carrack

ナウまたはナオともいう。 15~16世紀の大航海時代に,長期航海に最適の船として活躍した帆船。コロンブスマゼランをはじめ当時の探検航海やその後のヨーロッパ勢力の世界的進出に主用された。小は 100tから大は 500t以上のものもあり,普通,前 (ぜんしょう) と主檣に横帆を,後檣に三角帆を張る3檣の帆装で,順風時の帆走性能がよく,逆風帆走も可能な全装帆船であった。しかし 16世紀後半,より帆走性能を向上させたガレオンが出現してからは,次第に姿を消していった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android