なう

精選版 日本国語大辞典「なう」の解説

な・う なふ

〘接尾〙
[一] (四段型活用) 名詞や形容詞の語幹、また動詞の語基などに付いて、その行為をするの動詞をつくる。「商(あき)なう」「敵(あた)なう」「甘(あま)なう」「うべなう」「荷なう」「幣(まい)なう」など。
※続日本紀‐天平神護元年(765)八月一日・宣命「罪奈比(ナヒ)給ひきらひ給はむ」
[二] (下二段型活用) (一)の場合とよく似ているが、その実例は少なく、かつ、同じ語で四段、下二段両様に活用するものもあり、下二段の方が使役的な意味が強いともいう。「罪なう」「ともなう」など。
万葉(8C後)一九・四一八九「ますらをを とも奈倍(ナヘ)立てて 叔羅川 なづさひ泝(のぼ)り」

なう なふ

〘助動〙 (活用は「なは・◯・なふ・なへ・なへ・◯」。動詞の未然形に付く) 上代東国方言。打消の意を表わす。…ない。
※万葉(8C後)一四・三四二六「会津嶺の国をさ遠みあは奈波(ナハ)ば偲ひにせもと結ばさね」
※万葉(8C後)一四・三四八三「昼解けば解け奈敝(ナヘ)紐のわが背なにあひ寄るとかも夜解けやすけ」
[補注]打消の助動詞「ず」の未然形「な」に継続の助動詞「ふ」が付いてできたものと考えられ、室町時代以来、関東方言として現われる助動詞「ない」の祖形かといわれる。

な・う なふ

〘自ハ下二〙 足または手に故障があって、その運用が自由でなくなる。
※唐物語(12C中)下「あしなへたるものの、はふはふゐざりつつ」
[補注](1)「あしなえ」「てなえ」などの「なえ」に対する本来の動詞形は「なへぐ(蹇)」である。
(2)「なえる(萎)①」と意味が近いため混同されやすいが、「なう」が手足不自由であるのをいうのに対し、「なえる」は力が抜け、または麻痺して動かなくなるのをいい、本来は語義もかなづかいも別のものであったと考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「なう」の解説

なう[助動]

[助動][なは|○|なふ|なへ(のへ)|な|○]《上代東国方言》活用語の未然形に付く。打消しを表す。…ない。
「まかなしみればことさ寝なへば心の緒ろに乗りてかなしも」〈・三四六六〉
[補説]語源については、打消しの助動詞「ず」の未然形の古い形「な」に接尾語「ふ」の付いたものとも、同じく連体形に接尾語「あふ」の付いたものともいう。

な・う[接尾]

[接尾]《動詞五(四)段型活用》名詞、形容詞の語幹などに付いて動詞をつくり、その行為をするという意を表す。「あき―・う(商う)」「に―・う(荷なう)」「あま―・う(甘なう)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android