コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラマタ Kalamáta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラマタ
Kalamáta

別称カラメ Kalámai。ギリシア,ペロポニソス半島南部の都市。パトレに次ぐ同半島第2の港湾都市で,メシニアコス湾の湾奥に位置する。 10世紀頃ビザンチンの都市として繁栄していたが,第4回十字軍の占領後 1208年,フランスのビラルドゥアンに封土として与えられた。 15世紀なかば以降ベネチア,オスマン帝国に交互に支配され,ギリシア独立戦争 (1821~29) によりギリシア領。メシニアコス平野に産するオリーブ,干しぶどう,その他の果実の取引が行われるほか,絹織物,製粉,酒類製造,たばこなどの工業が立地。パトレ,アテネと鉄道で連絡。人口4万 5090 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カラマタ【Kalamáta】

ギリシア南端,ペロポネソス半島南部の港町。公式名はカラメKalámai。人口4万3000(1981)。この町から積み出されるオリーブは特に質が良いので有名である。ミュケナイ時代から人の住んでいた形跡があり,古代のアクロポリスの上に13世紀初頭になって造営された城砦の跡が今も残っている。19世紀初めの近代ギリシア独立戦争に際しては,ここはギリシア中で最初にトルコに対して反旗を掲げた町として知られている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラマタ
からまた
Kalamta

ギリシア南部、メッセニア県の県都。古称カラマイKalamai。人口5万7620(2001)。ペロポネソス半島南西部、メッセニア湾の湾奥に位置する港湾都市。県内農産物の集散、加工の中心地で、イチジク、オリーブ油、絹布を輸出する。ホメロスの詩にある古代のフェライPhraiとほぼ同位置にある。1208年にフランク人の建てた城郭が残っている。1821年の民族独立革命で最初に解放された市として、例年3月23日に記念行事が行われる。[真下とも子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カラマタの関連キーワードコロコトロニスアルカディアトリポリスピルゴス

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android