コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルウス Calvus, Gaius Licinius Macer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルウス
Calvus, Gaius Licinius Macer

[生]前82
[没]前47頃
ローマの詩人,雄弁家。詩人カツルスの友人として並び称され,またその弁論術は極端なアッチカ風と評されたが,雄弁家としてはキケロにまさるとも劣らない名声を博した。わずかな断片が伝わるのみ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルウス【Gaius Licinius Calvus】

前82‐前47ころ
ローマ共和政末期の弁論家,詩人。年代記史家リキニウス・マケルの子。詩人カトゥルスの親友で,その芸術上・政治上の立場を共有し,小叙事詩,哀歌,祝婚歌のほか,反民衆派的心情からカエサル,ポンペイウスへの風刺詩を執筆した。弁論家としては簡潔を旨とするアッティカ風を代表し,カエサルの部下ウァティニウス訴追(前54)で有名。古代にはキケロをしのぐ評価も受けたが,断片を残すのみである。【栗田 伸子

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報