コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルカロドン Carcharodon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルカロドン
Carcharodon

軟骨魚綱ネズミザメ目ネズミザメ科の一属。白亜紀から現世まで知られる。このなかの一種メガロドン C. megalodon新生代新第三紀中新世の海成層に含まれ,全長約 16mと推定され,歯はほぼ三角形で,約 10cmの大型のものもある。前歯は大きいが奥歯は小さくなる。歯の化石は俗にテングノツメ天狗の爪)ともいわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルカロドン
かるかろどん
[学]Carcharodon

軟骨魚綱サメ目ネズミザメ科ホオジロザメ属。現生種はホオジロザメC. carcharias1種で、全長6メートルに達する。化石は世界各地の古第三紀と新第三紀の地層から数種類発見されている。なかでも中新世に多いカルカロドン・メガロドンC. megalodonは有名で、鋸歯(きょし)のある大きな歯から体長16メートルにも達したと考えられている。本種を含む中新世以前の化石種をカルカロクレスCarcharoclesとする意見もある。日本ではカルカロドン・メガロドンの歯の化石が古くから「天狗の爪」として知られている。[籔本美孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカルカロドンの言及

【天狗の爪】より

…漸新世から現世にかけて生息しているホオジロザメ属などのサメの歯の化石。とくに漸新世から鮮新世にかけての地層から出るカルカロドン・メガロドンCarcharodon megalodonが有名である。ホオジロザメ属(カルカロドン)は軟骨魚綱板鰓(ばんさい)亜綱ネズミザメ科の1属である。…

※「カルカロドン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カルカロドンの関連キーワードテタヌラ類獣脚類

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルカロドンの関連情報