コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天狗の爪 テングノツメ

4件 の用語解説(天狗の爪の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんぐ‐の‐つめ【天×狗の爪】

大きなサメの歯の化石のこと。第三系から産出。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

天狗の爪【てんぐのつめ】

サメの歯の化石の俗称。一般に青灰色の三角形で光沢がある。第三紀カルカロドン(現在はカルカロクレスという)類のものが特に大きく,高さ15cmに及ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

てんぐのつめ【天狗の爪】

漸新世から現世にかけて生息しているホオジロザメ属などのサメの歯の化石。とくに漸新世から鮮新世にかけての地層から出るカルカロドン・メガロドンCarcharodon megalodonが有名である。ホオジロザメ属(カルカロドン)は軟骨魚綱板鰓(ばんさい)亜綱ネズミザメ科の1属である。大きな正三角形に近い形の歯をもち,最も獰猛(どうもう)なサメとされている。カルカロドン・メガロドンは巨大なサメで少なくとも全長15mはあったと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天狗の爪
てんぐのつめ

サメ類の歯の化石に対する日本におけるかつての呼称。日本の新生代古第三紀新第三紀の地層からは多くのサメの歯の化石が産出するが、これらのうち、もっとも大きなカルカロドン・メガロドンは天狗の残したものと考えられていた。江戸時代の本草(ほんぞう)学者木内石亭(きうちせきてい)は『天狗爪石奇談』や『雲根誌』のなかで、これにまつわる多くの俗説を紹介している。藤沢の遊行(ゆぎょう)寺や江島(えのしま)弁天などではこの化石が「天狗の爪」として信仰の対象となっている。[籔本美孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天狗の爪の関連キーワード完新世古第三紀始新世漸新世第三紀ナウマン象ベンガル山猫湯鯉余執頬当て

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone