コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルダーラ カルダーラCaldara, Antonio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルダーラ
Caldara, Antonio

[生]1670頃.ベネチア
[没]1736.12.28. ウィーン
イタリアの作曲家。 G.レグレンツィの弟子。 1700年からローマ,ミラノ,マドリードなどを回り,16年 J.フックスのもとでウィーン宮廷副楽長になった。オペラ,オラトリオが 100曲以上にのぼる多作家。前古典派の作曲家を通じてハイドンにまで影響を及ぼした。各種の室内楽,宗教音楽をも多数残した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルダーラ【Antonio Caldara】

1670‐1736
後期バロック期のイタリアの作曲家。ベネチア楽派の流れをくみ,レグレンツィの弟子。1716年以後はウィーンの宮廷楽長J.J.フックスのもとに副楽長を務め,オペラ作品で人気があった。ソナタ形式の発展にも貢献があった多作家であり,オラトリオ,ミサ曲ほか,声楽・器楽の広い領域にも作品がある。代表作にはオペラ《アテネ人》,オラトリオ《キリストの死と埋葬》がある。【岸本 宏子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カルダーラの関連キーワードファビオ ビオンディ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルダーラの関連情報