コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルル12世 カルルじゅうにせい Karl XII

1件 の用語解説(カルル12世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルル12世
カルルじゅうにせい
Karl XII

[生]1682.6.17. ストックホルム
[没]1718.11.30. フレデリックスハルト
スウェーデン王 (在位 1697~1718) 。カルル 11世の長男。父の死により,15歳で即位,ただちに親政を開始 (1697.11.) 。 1700年デンマークフレデリック4世ロシアピョートル1世 (大帝) ,ザクセン選帝侯兼ポーランドアウグスト2世 (フリードリヒ・アウグスト1世) が連合して,スウェーデン=バルト帝国に攻め入るや反撃 (→北方戦争 ) ,コペンハーゲンを占領し,ナルバの勝利によってデンマーク,ロシアを退け,ポーランド征服に専念 (1701~07) したのちロシアへ進軍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルル12世の関連キーワードストックホルム・アピールストックホルム学派ストックホルム症候群ストックホルムシンドローム王立ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団ストックホルム室内管弦楽団ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団ストックホルムマラソンストックホルム会議《ストックホルム・パピルス》

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone