コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルル4世 カルルよんせいKarl IV; Karel I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルル4世
カルルよんせい
Karl IV; Karel I

[生]1316.5.14. プラハ
[没]1378.11.29. プラハ
神聖ローマ皇帝 (在位 1347~78) ,カレル1世としてボヘミア王 (在位 46~78) 。ボヘミア王ヤン (ヨハン) の子。 1346年バイエルン公ルートウィヒ4世の対立王として選ばれ,翌年皇帝となる。 55,68年の2度ローマに遠征したが,イタリアに不干渉の態度を保って国内の整備に努め,56年金印勅書を発布し7選帝侯制 (→選挙王制 ) を完成,その後の数世紀間,ドイツ王は7選帝侯による選挙で選ばれることになった。さらにアビニョン幽囚中の教皇のローマ帰還を 77年実現した。また本国では,ボヘミアの父とも呼ばれ,その統治に全力を注ぎ,モラビア,シュレジエン,上ラウジッツをボヘミア王国の領域とし,55年には上ファルツの一部を買収し,67年には下ラウジッツを併合。 73年息子ワーツラフ4世のためにブランデンブルクを獲得した。また教養豊かな君主としてその経済的・文化的開発にも努め,48年にはプラハ大学を創設した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

カルル4世

生年月日:1316年5月14日
神聖ローマ皇帝(在位1347〜78)
1378年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

カルル4世の関連キーワードルートウィヒ4世[バイエルン公]テオドリック・フォン・プラークヨハン・フォン・ノイマルクトヨハン[ルクセンブルク家]コラ・ディ・リエンツォインノケンチウス6世ウェンツェル王聖書チェコスロバキア史ルクセンブルク史国際ゴシック様式フリードリヒ1世ルクセンブルク家アン[ボヘミア]バルドゥイーンリチャード2世カルロビバリカルル15世シャルル5世マリニョリ生年月日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android