コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワミドリ Agastache rugosa (Fisch.et Mey.) O.Kuntze

世界大百科事典 第2版の解説

カワミドリ【Agastache rugosa (Fisch.et Mey.) O.Kuntze】

山の草地に生える高さ1mほどのシソ科多年草(イラスト)。全草にハッカに似た独特の香りがある。茎は四角形上部で分枝し,葉の裏と共に粉白色の微細な毛がある。葉は対生し,1~4cmの葉柄があり,葉身広卵形で長さ5~10cm,先がとがり,縁には鋸歯があり,基部円形または心形となる。夏から秋のころ茎の上部の枝先に円柱形の花序を作って,密に紅紫色または青紫色の花をつける。花穂は長さ5~15cm,幅約2cmくらいで円柱状となる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カワミドリ
かわみどり
[学]Agastache rugosa (Fisch. et Mey.) O. Kuntze

シソ科の多年草で、山地に生える。全草に強い香気がある。茎は方形で高さ1メートル前後、上部で分枝。葉は対生し、卵形で薄く、鋸歯(きょし)があり、基部は心臓形。裏面の細毛は白色を帯びる。8~10月ごろ枝先に長さ10センチメートル前後の密な花穂をつくり、淡紫色の花をつける。花冠は8~10ミリメートル、先は二唇形で下唇が大きい。雄しべは4本、雌しべとともに花外に突き出る。地上部を乾かしたものを(かっこう)とよび、漢方薬に用いる。日本から東アジアにかけて分布。カワミドリ属は世界に数種あり、東アジアと北アメリカに分布する。[村田 源]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カワミドリの関連キーワードピペロナール北アメリカ貴船藿香和藿香薫草香草花外村田

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android