藿香(読み)かわみどり

精選版 日本国語大辞典「藿香」の解説

かわ‐みどり かは‥【藿香】

〘名〙 シソ科多年草。日本の各地および朝鮮、中国の山野に生える。方形で高さ五〇~一〇〇センチメートル。全体に芳香がある。は短柄をもち対生。卵状心臓形で先端がとがり、がややちぢれる。下面は短毛を密布。夏から秋にかけ、茎頂に長さ五~一五センチメートルの花穂を出し、青紫色の小花を多数つける。漢方では茎や葉を乾燥してかぜ薬、嘔吐(おうと)止め、興奮剤などに用いる。漢名、藿香(かっこう)。〔本草和名(918頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「藿香」の解説

かわ‐みどり〔かは‐〕【藿香】

シソ科の多年草。山地に生え、高さ約1メートル。全体に香りが強い。茎は四角柱、葉は心臓形で縁にぎざぎざがある。8~10月、花穂を出して唇形の紫色の小花をつける。漢方で葉を乾燥したものを藿香かっこうといい、薬用にする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「藿香」の解説

藿香 (カワミドリ・ガクコウ)

学名Agastache rugosa
植物。シソ科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android