コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藿香 カワミドリ

デジタル大辞泉の解説

かわ‐みどり〔かは‐〕【藿香】

シソ科の多年草山地に生え、高さ約1メートル。全体に香りが強い。茎は四角柱、葉は心臓形で縁にぎざぎざがある。8~10月、花穂を出して唇形紫色小花をつける。漢方で葉を乾燥したものを藿香(かっこう)といい、薬用にする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

藿香 (カワミドリ・ガクコウ)

学名:Agastache rugosa
植物。シソ科の多年草,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

藿香の関連キーワード藿香正気散大腹皮蘇葉

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android