コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンピドリオの丘 カンピドリオノオカ

2件 の用語解説(カンピドリオの丘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カンピドリオ‐の‐おか〔‐をか〕【カンピドリオの丘】

Monte Campidoglio》イタリアの首都ローマにある丘。ローマの七丘の一で最も高い。古代ローマの宗教上の中心地として最高神ユピテルユノーミネルバの神殿が置かれた。16世紀にミケランジェロが設計したカンピドリオ広場、現ローマ市庁舎、カピトリーニ美術館、サンタマリアインアラチェリ教会がある。カピトリーノの丘

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンピドリオの丘
かんぴどりおのおか
Monte Campidoglio

ローマの七つの丘の一つ。古代ローマのアクロポリスの役割を果たし、宗教上の行事が行われ、もっとも神聖な所であった。1546年にミケランジェロが設計したカンピドリオ広場がある。広場の中央にはマルクスアウレリウスの騎馬像(2世紀末の作)、その左右にはコンセルバトーリ宮とカピトリーノ博物館がある。正面にはローマ時代の元老院の建物があり、現在はローマ市庁舎に使われている。古代ローマでは、カンピドリオに登るときには、フォロ・ロマーノ側からのビア・サクラ(聖なる道)を通ったが、現在はコルドナーテとよばれるミケランジェロの設計した道を登る。[藤澤房俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンピドリオの丘の関連キーワードモンテカピトリーノの丘ソラーロ山チターノ山フィッツロイ山アヴィオロ岩オレン岩ポレナ岩プグリアン岩ギウマラ岩

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone