コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンピナグランデ Campina Grande

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンピナグランデ
Campina Grande

ブラジル北東部,パライバ州東部の都市。州都ジョアンペッソアの西約 110km,バカマルテ山脈中にあり,標高約 550m。インディオの集落があったところに建設された町で,初めポルタドセルタン (ポルトガル語で「奥地の門」の意) と呼ばれたが,1864年市となるとともに「大平原」を意味する現在名に改称。古くからの商業中心地で,綿花,サトウキビ,繊維,皮革などを集散,加工するとともに,1960年代以降ブラジル北東部経済総合開発計画のもとに工業化が進められた新興工業都市で,在来の綿織物を中心とした繊維工業のほか,冶金,プラスチック,医薬品などの各種軽工業が立地する。同国北東部沿岸の主要港レシフェ,ジョアンペッソア,フォルタレザなどと鉄道,道路で結ばれる。人口 32万 6153 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カンピナ‐グランデ(Campina Grande)

ブラジル北東部、バライーバ州の都市。州都ジョアンペソアの西約110キロメートルの内陸に位置する。同地域における商工業の中心地で、大学も多く、IT関連企業も立地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android