コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンプトサウルス カンプトサウルス Camptosaurus

5件 の用語解説(カンプトサウルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンプトサウルス
カンプトサウルス
Camptosaurus

ジュラ紀後期から白亜紀前期にかけて北アメリカなどに生息していた爬虫類鳥盤目鳥脚亜目に属する草食恐竜。体長約5~9mで,普通は2本肢で歩き,まっすぐ立つときには重い尾で支えた。食べるときには4本肢となることができた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カンプトサウルス

ジュラ紀後期の草食恐竜。二脚あるいは四脚歩行。陸生で体長1〜7m。鳥のようなくちばしをもち,口の奥には平らな歯が並ぶ。北米やヨーロッパに生息した原始的なイグアノドン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

カンプトサウルス

ジュラ期後期に生息した鳥盤類鳥脚類の草食恐竜。全長約6メートル

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

カンプトサウルス【Camptosaurus】

ジュラ紀後期から白亜紀前期にかけて栄えた恐竜。全長約5~9メートルで、通常は後肢で歩行し、必要に応じて四肢を用いた。草食性。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンプトサウルス
かんぷとさうるす
camptosaur
[学]Camptosaurus dispar

北アメリカやヨーロッパのジュラ紀後期、約1億5500万年~1億4500万年前の地層から産出した草食恐竜。分類学上は鳥盤目鳥脚(ちょうきゃく)類(亜目)アンキロポレクス類Ankylopollexiaに属する。全長約6メートルで、普通は二本肢(あし)で歩いたが、必要に応じ四本肢となることができた。口の前部には、上にも下にも歯がなく、あごの前部は鳥のようなくちばしをつくり、物をかみ切るのに有効であった。多数のそしゃく用の歯と、そしゃく面積を広げるための長い頭部をもつ。前肢に5本の機能指をもつが、第1指は小さいながらスパイク(突起)状。後肢の4本の機能指のうち第1指は退化した。歯がトカゲに似た点、くちばしが角質の点、手と足のつくりなどがイグアノドンIguanodonと似る。カンプトサウルスの仲間は、それぞれの頬(ほお)に機能的な歯列をもった最初の鳥脚類といわれる。組立て骨格は、日本では東京都上野の国立科学博物館や鹿児島文化センターなどにある。[小畠郁生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンプトサウルスの関連キーワードイグアノドンオニキオプシス鳥盤類プテラノドンリコプテラジュラ系翼手竜アーケロン孔子鳥佐川造山運動

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone