コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンラン科 カンランかBurseraceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンラン科
カンランか
Burseraceae

双子葉植物ミカン目の1科。新旧両大陸の熱帯,亜熱帯を中心に 16属 500種ほどがある。高木または低木で,葉は互生し,多くは羽状複葉である。バルサムなどの樹脂を含むものが多い。花は小さく,密に集って円錐または総状の花序 (→総状花序 ) をつくる。個々の花は3~5弁で底部ミカン科と同様の花盤がある。おしべも3~5本,ときに2輪で6~12本ある。子房は上位,2~5室に分れ各室に2個の胚珠がある。日本に自生種はないが,中国大陸原産のカンラン (橄欖) 西南日本琉球列島で植えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカンラン科の言及

【カンラン(橄欖)】より

…高さ数mから20m,時に30mになるカンラン科の常緑樹木で,インドシナから中国南部に分布する。果実が食べられるので中国や台湾で栽培され,鹿児島,沖縄地方にも植えられていることがある。…

※「カンラン科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カンラン科の関連キーワードカンラン(橄欖)ボスウェリアキオス[島]ミルラ樹脂オリーブ乳香樹ミルラ香木乳香緑欖白欖没薬

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android