カーギル[会社](読み)カーギル

百科事典マイペディアの解説

カーギル[会社]【カーギル】

ミネソタに本拠を置く世界最大級の穀物商社。1865年設立。穀物,牛肉,コーヒー,砂糖,綿花,ゴム,石油などあらゆるものを扱い,世界の食糧貿易に大きな力を及ぼしている。金融取引,食品製造,鉄鋼なども手がける。非公開企業としても最大規模。穀物輸出でアメリカ第1位,塩取引では第2位。1997年に会社更正法適用を申請した食品商社東食の支援も行っている。非公開なので明らかではないが,世界66ヵ国で活動し,売上高は2011年1194億ドルに達する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のカーギル[会社]の言及

【メジャー】より

…【湯浅 俊昭】
[穀物メジャー]
 メジャーという言葉は国際石油会社のことだけでなく,世界の穀物市場を支配している五つの巨大な穀物商社のことをいうこともある。それはアメリカのカーギル社,コンティネンタル・グレーン社,フランスのルイ・ドレフュス社,オランダのブンゲ社,スイスのアンドレ社の5社である。この5社は輸送と貯蔵という穀物の流通システム全般を支配しており,その巨額にのぼる資本力によって,他社の参入を許していない。…

※「カーギル[会社]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android