コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーヌーンゴー カーヌーンゴー qānūngo

2件 の用語解説(カーヌーンゴーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーヌーンゴー
カーヌーンゴー
qānūngo

ペルシア語で「法を語る者 (慣習の説明者) 」の意。ムガル帝国時代,北インドベンガル地方などの各徴税区におかれた地方官で,土地貢租の徴収の任にあたり,また土地面積,等級,徴税額など土地に関係する各種の記録を保管し,土地測量などを行なった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カーヌーンゴー【qānūngō】

ペルシア語でqānūn(法),gū(動詞guftan〈話す〉の語根)からできた複合語。〈法〉の解釈者というほどの意味であるが,インドではイスラム政権時代の地方や村における役職の一つをさし,税の徴収に関するいっさいの状況を記録する書記の役割を果たした。同時に,土地の大きさ,授受,土地の保有権の状態などを記した登記簿を保管し,国家による土地調査のさいの補助を行うなどの義務をもっていた。【小名 康之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カーヌーンゴーの関連キーワードリーマン幾何学Abū al-Ghāzī Bahādur KhānAbū'l Ghāzī Bahādur Khānbilād al-sūdānBūra SūdānDar al-FunūnIbn MaymūnNūr Muḥammad TarakīNūre Sūfīnūr al-anwār

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone