カールスバート決議(読み)カールスバートけつぎ

百科事典マイペディアの解説

カールスバート決議【カールスバートけつぎ】

1819年8月6日〜31日,メッテルニヒの主唱の下にカールスバートKarlsbadで開かれたドイツ10ヵ国大臣会議の決議。自由主義・国民主義運動(ブルシェンシャフト)の弾圧を目的とし,大学法,出版法,扇動者取締法および執行規定からなる4部の法律草案を決定。これは連邦議会の承認を得て連邦法となった。
→関連項目カルロビ・バリ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カールスバートけつぎ【カールスバート決議】

ナポレオン戦争後のウィーン体制に反対し,ドイツの自由と統一を求める運動,とくに学生たちのブルシェンシャフトを抑制するためにドイツ連邦議会で可決された決議。K.L.ザントによる保守的劇作家コツェブー暗殺(1819年3月23日)を口実として,メッテルニヒの主導のもと,当時ドイツ連邦内で最も保守的とみなされた10政府の代表者会議が,1819年8月6~31日温泉地カールスバートKarlsbad(現,チェコスロバキア領カルロビ・バリ)に招集された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカールスバート決議の言及

【ウィーン体制】より

…この運動は革命的性格を持つものではなかったけれども,ドイツ連邦はそれに対して権力的に対応した。19年3月23日学生カール・ザントが文筆家コツェブーをロシアのスパイとして殺害した事件を契機に,同年8月〈ドイツ革命〉を鎮圧するためのドイツ連邦閣僚会議が開かれ,〈カールスバート決議〉が行われる。これによって,連邦諸国の国内情勢が不穏となり,しかもその国が連邦決議を遂行する力を持たない場合には,連邦軍を派遣する権利が連邦議会に与えられ,さらに出版物の事前検閲,大学・教師・学生に対する管理が強化されることとなった。…

※「カールスバート決議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android