コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出版法 しゅっぱんほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出版法
しゅっぱんほう

明治 26年法律 15号。 1893年4月 13日に公布された出版物取締り法規。さかのぼると明治2 (1869) 年5月の出版条例 (行政官達 444号) を,また直接には 87年 12月の出版条例 (明治 20年勅令 76号) を引継いで,新聞,定期刊行雑誌を除くすべての文書図画と,学術関係などの雑誌を取締りの対象にした。治安維持法制定に伴い,1934年には国体護持の方向を強化するよう改正された。戦後連合国総司令部 GHQの指令により効力を停止され,新憲法発効に伴い,49年5月に廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅっぱん‐ほう〔‐ハフ〕【出版法】

新聞および定期刊行雑誌以外の普通出版物の取り締まりを目的とした法律。明治26年(1893)制定、昭和24年(1949)廃止。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

出版法【しゅっぱんほう】

新聞および定期刊行物以外のすべての出版物に関する取締りを規定していた法律(1893年)。出版条例に代わるもので,事前届出・納本や検閲などによる種々の制限規定を設け,違反出版物については出版・販売禁止や差押えなど行政・司法処分規定を定めていた。
→関連項目奥付禁書言論・出版・集会・結社等臨時取締法

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅっぱんほう【出版法】

広義には印刷出版に関する法令を意味するが,狭義には明治憲法下にあって新聞紙法とならんで印刷媒体を規制した法律(1893公布)をいう。出版物の取締りは江戸時代に始まるが,明治政府は維新のさなか次々に出版統制の布告を発した。法規としての体裁がととのったのは1869年(明治2)の出版条例(行政官達)からである。この出版条例は書籍出版の官許制を定めるとともに,機密漏洩,誹謗,淫蕩の書等の出版を処罰することとした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅっぱんほう【出版法】

出版物の取り締まりを目的として制定された法律。1893年(明治26)制定、1949年(昭和24)廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出版法
しゅっぱんほう

広義には出版活動を規制する法令を意味するが、狭義には1893年(明治26)4月に制定された法律をいう。明治政府は1868年(慶応4)閏(うるう)4月「新著并(ならびに)翻刻書類(たぐい)……以後総(すべ)テ官許ヲ不経候品売買堅被差停候事」という太政官(だじょうかん)布告を発した。これが明治政府の発した最初の出版統制布令であるが、69年5月には行政官達の出版条例が公布されている。この出版条例は、出版の許可制、納本制を定める一方、許可を受けた者は「官ヨリ之(これ)ヲ保護シテ専売ノ利ヲ収メシ」めることとした。しかしまた、かってな議論や機密の漏洩(ろうえい)、誹謗(ひぼう)、淫蕩(いんとう)を導くような出版は処罰された。出版条例はその後1875年、87年に全面改正されるが、とくに前者は讒謗律(ざんぼうりつ)や新聞紙条例とともに言論弾圧の大きな武器となった。また、87年の条例により、新聞、雑誌など定期刊行物を規律する新聞紙条例との区別が明確化されるとともに、著作権関係の規定は版権条例などに譲られることとなった。
 太政官布告や勅令であった出版条例は、1893年4月出版法となり、1909年(明治42)の新聞紙法とともに、明治憲法下の二大メディア法を形成した。出版法も出版条例同様、発行届出制をとったが、事実を曲げて犯罪をかばったり、安寧秩序妨害、風俗壊乱等の内容の文書図画を禁止し、官庁の機密に関する非公開文書の出版を許可制とすることなどを定めた。禁止事項違反に対しては軽禁錮、罰金に処するほか、検事や内務大臣に仮差押え、出版差止めなどの権限を与えた。さらに34年(昭和9)の改正で、皇室の尊厳を冒涜(ぼうとく)したり、犯罪を扇動するものを禁じるとともに、蓄音機レコードについても出版法の規定を準用することとした。出版法は書籍のほか、もっぱら学術、技芸、統計、広告の類を記載する雑誌も規制の対象としたが、天皇機関説に関する美濃部(みのべ)達吉博士の憲法書や津田左右吉(そうきち)博士の神代史に関する著書など、これにより規制を受けた例は少なくない。
 出版法は新聞紙法などとともに、第二次世界大戦後、事実上その効力を失ったが、正式に廃止されたのは1949年(昭和24)5月である。この種の言論出版規制法は、日本国憲法の下では第21条違反であり、許されない。[清水英夫]
『伊藤正己・清水英夫編『マスコミ法令要覧』(1966・現代ジャーナリズム出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の出版法の言及

【禁書】より

…このころから秘密出版が盛んとなり,出版条例違反で処罰される者が続出した。93年4月出版条例を出版法と改めたが,この出版法はその後出版統制を強化する方向で何回か改正され,1945年9月GHQによって失効させられ,49年5月正式に廃止するまで続く。ちなみに1893年の出版物発禁は124件であったが,大正に入り,風俗壊乱で発禁となるものが多く,1913年には1096件に上っている。…

【発禁】より

…〈発売禁止〉の略語であるが,〈発行禁止〉を指すこともある。第2次大戦後廃止された新聞紙法(23,24条)および出版法(19,20条)によれば,内務大臣は安寧秩序を乱したり,風俗を害するものと認めたときは,新聞その他の文書,図画の発売・頒布を禁止することができた。この禁止命令に違反した発行人,編集人または著作者,発行者は,禁錮または罰金刑に処せられた。…

※「出版法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

出版法の関連キーワードカールスバートの決議カールスバート決議S. プロティチ日本改造法案大綱リットン(伯)暁民共産党事件津田 左右吉河合 栄治郎リポン(侯)国体明徴運動小倉 ミチヨ目黒 甚七非合法出版軍機保護法プロティチ石坂 修一国防保安法小倉ミチヨ小川 三男河合栄治郎

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出版法の関連情報