コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カールマル カールマル Karmal, Babrak

2件 の用語解説(カールマルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カールマル
カールマル
Karmal, Babrak

[生]1929.1.6. アフガニスタンカブール近郊
[没]1996.12.3. ロシアモスクワ
アフガニスタンの政治家。大統領(革命評議会議長。在任 1979~86)。1950年代,学生時代にマルクス主義政治活動に参加して 5年間投獄された。釈放後は軍に入隊,その後復学して法学士号を取得。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カールマル
かーるまる
Babrak Krmal
(1929―1996)

アフガニスタンの政治家。1979~1981年首相、1979~1986年人民民主党書記長。カブール県カマリー村のタジク民族の出身。ザーヘル国王に仕えた将軍の子。カブール大学卒業。1964年タラキーのアフガニスタン人民民主党に入党、1973年にパルチャム(旗)派を組織してハルク(人民)派と対立。1977年に両派再統合。1978年4月の社会主義革命により副首相に就任。1979年12月のソ連のアフガニスタン軍事侵攻によるクーデターで革命評議会議長に就任したが、1986年5月失脚した。[深町宏樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カールマルの関連キーワードアフガニスタンアフガニスタン音楽アフガンアフガンハウンドアフガン侵攻アフガニスタン戦争ヘルマンド[川]イギリス・アフガニスタン戦争‘Abd al-Raḥmān(アフガニスタン)アフガニスタン・ムジャーヒディーン・イスラム同盟

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カールマルの関連情報