コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガウガメラの戦い ガウガメラのたたかい Battle of Gaugamēla

3件 の用語解説(ガウガメラの戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガウガメラの戦い
ガウガメラのたたかい
Battle of Gaugamēla

アルベラの戦いとも呼ばれる。前 331年 10月1日に,マケドニアアレクサンドロス3世 (大王) の率いるヘラス連盟軍とアケメネス朝ペルシアの王ダレイオス3世の率いるペルシア軍がガウガメラの平原で戦った会戦。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ガウガメラのたたかい【ガウガメラの戦い】

紀元前331年、アレクサンドロス大王が、チグリス川上流のアルベラ近くにあるガウガメラ(Gaugamela)で、ダレイオス三世の率いるペルシャ軍を壊滅させた戦い。ダレイオスは敗走し、ペルシャ帝国は事実上崩壊した。アルベラの戦い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガウガメラの戦い
がうがめらのたたかい

紀元前331年に行われたペルシアのダリウス3世アレクサンドロス大王との間の戦い。ガウガメラGaugamelaはギリシア地誌家によれば「らくだの家」の意。アルベラArblaの戦いともいわれる。イッソスの戦い(前333)に敗れたダリウスは、ペルシア帝国全土に総動員令をかけて大軍を集結し、次の会戦に国運を賭(か)けた。アレクサンドロスも帝国の中心部を目ざして進軍し、両軍は前331年ティグリス川東岸のガウガメラという小村の平原で激突。敗走したダリウスを追ってそれより約100キロメートル南東のアルベラ(ダリウス軍の輜重(しちょう)本隊駐屯地)に達したとき、玉座付き戦車、日用品が無惨に遺棄されているだけだった。この戦いによってアレクサンドロスは名実ともに「アジアの主」としての地位を決定的にした。翌年ペルシア帝国は滅亡した。[古川堅治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガウガメラの戦いの関連キーワードエルサレム神殿πピタゴラス学派紀元前皇紀神武紀元ピュタゴラスアマサスΠέλλαペラの遺跡

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone