コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガザル 〈ウルドゥー〉ghazal

デジタル大辞泉の解説

ガザル(〈ウルドゥー〉ghazal)

ペルシアに起源をもつといわれるパキスタン、およびインドの準古典声楽。韻を踏んだロマンチックな恋愛の詩が、一般にウルドゥー語で歌われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ガザル

本来アラビア語の古典的な詩型の名称。ペルシア語,トルコ語,ウルドゥー語の抒情詩の重要な形式として発展した。音楽用語としてのガザルは,それぞれの言語においてこの形式で作られた古典詩を朗唱する様式,ないしガザル詩型を踏襲する歌の形を意味する。
→関連項目カッワーリートゥムリー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガザル【ghazal】

本来アラビア語の古典的な詩型の名称。ペルシア語,トルコ語,そしてウルドゥー語の抒情詩の重要な形式として発展した。音楽用語としてのガザルは,それぞれの言語においてこの形式で作られた古典詩を朗唱する様式,ないしガザル詩型を踏襲する歌の形を意味する。 北インドとパキスタンおよびバングラデシュでは,ウルドゥー語(ないしペルシア語)の詩を北インドのラーガに基づく旋律にのせて歌うもので,リズムは比較的短い軽快なターラ(6,7,8拍子)による。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のガザルの言及

【ガーリブ】より

…インドのウルドゥー抒情詩ガザルghazalの巨匠で,ミールMīrと並び称される文学者。トルコ系の武門を先祖とするアーグラの名家に生まれた。…

【ペルシア文学】より

…しかし9世紀は揺籃期で,10世紀にブハラを都として中央アジアとイラン東部を支配したサーマーン朝が民族文化政策を採り,ササン朝滅亡以来絶えていた宮廷詩人制度を復活させ,ペルシア詩人の保護・奨励に努めた結果,〈ペルシア文芸復興〉が起こり,この時代にペルシア文学の基礎が確立された。〈ブハラ宮廷の華〉とうたわれたルーダキーは10世紀を代表する大詩人で,頌詩(カシーダqaṣīda),叙事詩(マスナビーmathnavī),抒情詩(ガザルghazal),四行詩(ルバーイーrubā‘ī)などペルシア詩の主要な詩形をすべて用いて作詩し,後世〈ペルシア詩の祖〉と仰がれた。この時代の大きな特色は宮廷詩人による頌詩と民族叙事詩の勃興で,ともに時代精神の反映であった。…

【イスラーム】より

…その内容は反逆精神にあふれる愛国詩,人間平等主義に基づく社会思想詩,恋愛抒情詩等に大きく分けられよう。2000曲を超える歌曲の作者としても知られ,ことにウルドゥー語の歌曲形式〈ガザル〉をベンガル歌曲にとりいれた功績は高く評価されている。極度の貧困と家庭の不幸が重なる中で,1942年に発狂,以後没するまで沈黙を守った。…

【インド音楽】より

…芸術性の高い歌謡の一様式としての抒情歌トゥムリーは,クリシュナに対するラーダー姫と牛飼女たちの恋情を歌う。ガザルはウルドゥー語の詩による抒情歌でペルシア起源である。ベンガル地方の吟遊楽士によるバウルも宗教的な心情に発している。…

【インド文学】より

…1687年にムガル朝がデカンを併合すると文学活動の拠点はデリーに移った。ペルシア語詩が中心であったデリーの詩壇はワリーの影響によってアールズー,ハーティムなどの詩人がウルドゥー抒情詩ガザルをよみ始めた。彼らに次いでサウダー,ダルド,ミールらの著名詩人によって首都デリーを中心にして興ったデリー詩派は,18世紀中ごろに黄金時代を迎えた。…

【ガーリブ】より

…インドのウルドゥー抒情詩ガザルghazalの巨匠で,ミールMīrと並び称される文学者。トルコ系の武門を先祖とするアーグラの名家に生まれた。…

【ペルシア文学】より

…しかし9世紀は揺籃期で,10世紀にブハラを都として中央アジアとイラン東部を支配したサーマーン朝が民族文化政策を採り,ササン朝滅亡以来絶えていた宮廷詩人制度を復活させ,ペルシア詩人の保護・奨励に努めた結果,〈ペルシア文芸復興〉が起こり,この時代にペルシア文学の基礎が確立された。〈ブハラ宮廷の華〉とうたわれたルーダキーは10世紀を代表する大詩人で,頌詩(カシーダqaṣīda),叙事詩(マスナビーmathnavī),抒情詩(ガザルghazal),四行詩(ルバーイーrubā‘ī)などペルシア詩の主要な詩形をすべて用いて作詩し,後世〈ペルシア詩の祖〉と仰がれた。この時代の大きな特色は宮廷詩人による頌詩と民族叙事詩の勃興で,ともに時代精神の反映であった。…

※「ガザル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガザルの関連キーワードウマル・イブン・アビー・ラビーアミール(インドの詩人)テナガザル(手長猿)ギボン(テナガザル)K. イスラームフクロテナガザルドゥクラングールリュッケルト白ナイル川テナガザルスッド盆地小型類人猿オナガザルジャミールプラーテンジョーシュボデレ低地獅子鼻猿黄色狒々ガーリブ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガザルの関連情報