コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガスによる運搬 ガスによるうんぱんgaseous transfer

岩石学辞典の解説

ガスによる運搬

地下にあるマグマ中のH2O, CO2などの揮発性成分が上昇する際に,それらの揮発性成分はマグマ中のに選択的に溶けたNa, K, Siなどの物質を選択的に小量溶かして,ある部分から他の部分へ移動し,この結果分化が起こる作用をいう.このような機構がマグマの内部で起こればマグマの組成が変化して分化作用が起こることが考えられる[Fenner : 1926, Bowen : 1928].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ガスによる運搬の関連キーワードH2OCO2

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android