コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガスカール ガスカール Gascar, Pierre

2件 の用語解説(ガスカールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガスカール
ガスカール
Gascar, Pierre

[生]1916.3.13. パリ
[没]1997.2.20. ジュラロンルソーニエ
フランスの作家。本名 Pierre Fournier。幼少年期を南西フランスのアジャン近辺の田舎町で過し,パリに出てからは種々の職業を転々とし,第2次世界大戦に従軍,戦後大衆夕刊紙『フランス・ソアール』の記者となり,その頃から小説の執筆を始めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガスカール
がすかーる
Pierre Gascar
(1916―1997)

フランスの作家。小説、ルポルタージュエッセイを書く。第二次世界大戦中捕虜となり、ラワ・ルスカ強制収容所に送られる。そこでの体験をもとに、現実と幻想の交錯する独得の文体でルポルタージュ小説『死者の時』(1953)を描き、ゴンクール賞を受けて世に知られる。それ以前に『家具』(1949)、『閉ざされた顔』(1951)、『けものたち』(1953、批評賞受賞)がある。以後、青少年時代を回想する自伝的小説『種子』(1955)、『街の草』(1957)、小説『逃亡者』(1961)、『火の羊』(1963)があり、エッセイ『シメール』(1969)において、現実を基盤とする彼の幻想はその頂点を示した。また、ネルバルG. Nerval、ビュフォンG.L.L. BuffonやフンボルトA. Humboldtなどの評伝もある。[篠田浩一郎]
『菅野昭正訳『逃亡者』(1979・白水社) ▽入沢康夫訳『ネルヴァルとその時代』(1984・筑摩書房) ▽沖田吉穂訳『探検博物学者フンボルト』(1989・白水社) ▽石木隆治訳『博物学者ビュフォン』(1991・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガスカールの関連キーワード久保篤見エヌパリジェンヌ没・歿勃・歿・没三角数ヘパラン硫酸Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone