コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガドリン ガドリン Gadolin, Johann

2件 の用語解説(ガドリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガドリン
ガドリン
Gadolin, Johann

[生]1760.6.5. トゥルク
[没]1852.8.15. ビルモ
フィンランドの化学者。オーボ大学で化学を学んだのち,ウプサラ大学で鉱物学などを学んだ。オーボ大学の化学教授 (1797~1822) 。 1792~93年,スウェーデンのイッテルビの採石場からとれる珍しい石 (ガドリン石) を発見。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガドリン
がどりん
Johan Gadolin
(1760―1852)

フィンランドの化学者。オーボに生まれる。有名な物理学者の父のもとで、幼時から自然への興味を育てられた。オーボ大学卒業後1785年から同大学で教鞭(きょうべん)をとり、1797年から1822年まで化学教授を務めた。1794年、スウェーデン産の鉱物から新しい希土類元素を発見。現在ガドリン石とよばれるこの鉱物からは、次々と新しい希土類元素が発見され、その一つであるガドリニウムはガドリンにちなんで命名された。彼は元素に名を冠した最初の化学者である。ほかに気体の比熱、鉱石の融剤などの研究も行った。[藤田千枝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガドリンの関連キーワードアルクトゥルストゥルトゥルシ宮殿デールクルントゥルトゥルーオナトロントゥルーリアビトゥルボクトゥルク・ビルゲ・キョル・カガントゥルク(活仏)ハラジュ・トゥルク

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone