ガドリン(英語表記)Gadolin, Johann

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガドリン
Gadolin, Johann

[生]1760.6.5. トゥルク
[没]1852.8.15. ビルモ
フィンランドの化学者。オーボ大学で化学を学んだのち,ウプサラ大学で鉱物学などを学んだ。オーボ大学の化学教授 (1797~1822) 。 1792~93年,スウェーデンのイッテルビの採石場からとれる珍しい石 (ガドリン石) を発見。のちにこれは 10種類以上の異なった元素を含んでいることがわかって希土類元素と呼ばれることになり,そのうちの1つにガドリニウムという名がつけられた (86) 。スカンジナビア諸国における A.ラボアジエの燃焼理論の普及者でもあり,比熱や潜熱の研究もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガドリン
がどりん
Johan Gadolin
(1760―1852)

フィンランドの化学者。オーボに生まれる。有名な物理学者の父のもとで、幼時から自然への興味を育てられた。オーボ大学卒業後1785年から同大学で教鞭(きょうべん)をとり、1797年から1822年まで化学教授を務めた。1794年、スウェーデン産の鉱物から新しい希土類元素を発見。現在ガドリン石とよばれるこの鉱物からは、次々と新しい希土類元素が発見され、その一つであるガドリニウムはガドリンにちなんで命名された。彼は元素に名を冠した最初の化学者である。ほかに気体の比熱、鉱石の融剤などの研究も行った。[藤田千枝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android