コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラテイア ガラテイア Galateia

3件 の用語解説(ガラテイアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガラテイア
ガラテイア
Galateia

ギリシア神話の海のニンフ。海神ネレウスオケアノスの娘ドリスの結婚から生れたネレイデスたちの一人で,シチリア島で,一眼巨人キュクロプスの一人ポリュフェモスから熱烈に求愛されたが,その醜貌を嫌い,パン神の子の美男の羊飼いアキスの愛人となり,彼がポリュフェモスに殺されると,川に変えてやったという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ガラテイア【Galateia】

ラテン語ではガラテアGalateaギリシア神話の海のニンフで,海神ネレウスの娘の一人。一つ目巨人ポリュフェモスPolyphēmosの求愛を受けたが,彼女にはアキスAkisという恋人がいた。二人の逢いびきがポリュフェモスに知られるところとなり,怒り狂った巨人が投じた岩によってアキスは死に,川に変じたという。この話はオウィディウス転身物語》をはじめ好んで文学化されたほか,後世においてもラファエロプッサン,さらにはG.モロールドンなどによって図像化されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガラテイア
がらていあ
Galateia

ギリシア神話の海のニンフで、ネレウスの娘。その名「乳白の女」は、海の乳白色の泡、また彼女を守護者とする家畜の乳(ガラ)にちなむとされる。キクロペス族のポリフェモスに求愛されるが、すでにアキスを恋人とする彼女はこれを拒絶する。そこでポリフェモスはエトナ火山から岩をつかみ取って投げ付け、アキスを殺すが、そのアキスを彼女は川に変身させたという。また、彼女とポリフェモスが結婚したとの異伝もある。[丹下和彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガラテイアの関連キーワードキシュラギリシア俗ラテン語ラテン音楽ラテン文字ガラテア羅甸ポリフェモとガラテアの神話ぷららてんま

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガラテイアの関連情報