ガリカニズム

大辞林 第三版の解説

ガリカニズム【Gallicanism】

〔ガリア主義の意〕
一五世紀初めから一八世紀末までフランスで唱えられた国家教会主義。ローマ教皇の教権を制限し、フランスのカトリック教会の司教権を確立することで政治的に王権の教権からの独立を図る。 → ウルトラモンタニズム

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガリカニズム
がりかにずむ
gallicanisme

ローマ教皇や外国勢力などの影響に対して、自らの独自性を主張しようとするフランス・カトリック教会の路線をさす。近代的な国家意識が成立する中世末期から、ローマ教皇への中央集権が完成する19世紀中期まで続いた。発端は、アビニョンとローマに2人の教皇がたつ教会分裂(1378~1417)にあるが、最盛期は17~18世紀とみられる。その背景には、国内の封建諸侯や外国勢力に対し、自己の立場を確保しようとする絶対主義王権や、教皇からの独立を求める司教たちの要求があった。第1回バチカン公会議(1870)以後は力を失ったが、ジャンヌ・ダルクなどの国民的聖人に対する崇敬のなかに、なおその余韻を残している。[田丸徳善]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ガリカニズム

〘名〙 (Gallicanism) ローマ教皇の絶対権に対し、ガリア教会(フランスのカトリック教会の別称)の独立自治を主張する立場。一七世紀中頃、特に支持されたが、のち衰微した。ガリア主義。⇔ウルトラモンタニズム

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android