ガードナー(読み)がーどなー(英語表記)Erle Stanley Gardner

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガードナー(Erle Stanley Gardner)
がーどなー
Erle Stanley Gardner
(1889―1970)

アメリカの推理作家。7月17日マサチューセッツ州に生まれる。A・A・フェアA. A. Fairの名も使用した。1911年に弁護士の資格を取得して翌々年開業したが、その実務のかたわらパルプ・マガジンを中心に多作な執筆活動に入り、1933年に出版した最初の著書『ビロードの爪(つめ)』に弁護士探偵ペリー・メースンPerry Masonを登場させて決定的名声を博し、翌年には作家専業となった。肩の凝らない娯楽推理小説の大量生産作家としてあまりにも著名で、発表した約130冊の作品は三十数か国語に訳され、アメリカ国内だけでも発行部数はすでに2億冊を超え、いまなお売れ続けている。前出『ビロードの爪』の原題はThe Case of Velvet Clawsであるが、このようにThe Case of ……で始まる作品だけでも85編を数える。書き始めがD・ハメットなどと同じパルプ・マガジンであったため、材料や文体はハードボイルド調であるが、法律家の知識を存分に生かして、探偵が合法・非合法すれすれの線で事を巧みに処理したり、法廷場面を多用して合理的解決を与えたりする点で、状況を描写するだけのことが多いハードボイルド作品とは違った、推理小説の新しい領域を開拓した。
 メースンもののほかに、地方検事を主人公にしたD・Sもの、A・A・フェア名で書いた探偵コンビのバーサ・クールとドナルド・ラムもの、そのほか短編、ノンフィクションの裁判もの、趣味の自然科学や考古学関係の著述などをあわせると、一説に900編といわれる膨大な執筆量を残した。さらに第二次世界大戦後には、冤罪(えんざい)に泣く人に再審の道を開く法廷闘争を組織して活躍したりもした。70年3月11日没。[梶 龍雄]
『『世界ミステリ全集2 E・S・ガードナー』(1972・早川書房) ▽ドロシイ・B・ヒューズ著、吉野美恵子訳『E・S・ガードナー伝――ペリイ・メイスン自身の事件』(1983・早川書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガードナーの関連情報