コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キイレツチトリモチ きいれつちとりもち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キイレツチトリモチ
きいれつちとりもち / 喜入土鳥黐
[学]Balanophora tobiracola Makino

ツチトリモチ科の多年草。トベラシャリンバイなどの樹木の根に寄生する。根茎は塊根状で皮目がない。花茎は直立し、高さ10~15センチメートルで肉質、淡黄色の鱗片葉(りんぺんよう)をつける。雌雄同株。花期10~11月。花序は頂生し卵形または狭卵形で黄白色、表面に雌花を密生し、その間のところどころにやや大形の雄花を散生する。雌花には花被(かひ)がなく、子房は1室で花柱は細い。雄花は有柄で3枚の花被があり、雄しべは3本、葯(やく)は無柄。果実は裂開せず種子は1個。九州南部、沖縄および台湾に分布する。和名のキイレは、最初の発見地、鹿児島県揖宿(いぶすき)郡喜入(きいれ)町(現、鹿児島市)の地名に基づく。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキイレツチトリモチの言及

【ツチトリモチ】より

…本州の紀伊半島以南奄美大島までの太平洋岸の常緑樹林帯に分布し,似たものが中国にもある。日本にはほかにミヤマツチトリモチ(雌株のみみつかっている),キイレツチトリモチ(イラスト),リュウキュウツチトリモチ等もある。ミヤマツチトリモチB.nipponica Makinoは九州中部以北本州北端までの落葉樹林に生じ,ツチトリモチに似ていて,寄主根の中に寄生して寄主に木腐を生じた後,木こぶから自身の塊根を噴出し,それに黄色から橙色の花穂を生ずる。…

※「キイレツチトリモチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キイレツチトリモチの関連キーワードツチトリモチ(土鳥黐)ツチトリモチ科鹿児島(市)長崎(市)長崎市

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android