コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜入 きいれ

3件 の用語解説(喜入の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喜入
きいれ

鹿児島県中部,鹿児島市南部の旧町域。薩摩半島の東岸,鹿児島湾に臨む町。 1956年町制。 2004年鹿児島市に編入。古くは給黎 (きいれ) の名で呼ばれ藤原氏の荘園であったが,多くの変遷を経て中世末期に島津氏の家臣肝付氏の所領となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喜入
きいれ

鹿児島県揖宿(いぶすき)郡にあった旧町名(喜入町(ちょう))。現在は鹿児島市の南部を占める一地区。1956年(昭和31)町制施行。2004年(平成16)鹿児島市に編入。『和名抄(わみょうしょう)』の給黎郷(きいれごう)の地。旧町域は、薩摩(さつま)半島南東部、鹿児島湾に面する。薩摩半島の分水界をなす南薩山地の東側斜面で、海岸に沿ってJR指宿枕崎(いぶすきまくらざき)線と国道226号が走る。1967年、中名(なかみょう)に日本石油(現、JX日鉱日石石油基地)の原油備蓄基地が建設(1969年操業)されてから一躍有名になった。その貯蔵能力は735万キロリットルで日本国内の石油使用量の約2週間分である。産業は農業が中心で、近年は畜産、野菜なども生産されるが、耕地が狭く、鹿児島市中心部への通勤者も多い。1969年指宿スカイラインが開通した。南部の千貫平(せんがんびら)からの展望はすばらしい。生見(ぬくみ)海岸には海水浴場があり、「喜入のリュウキュウコウガイ(メヒルギ)産地」は国の特別天然記念物に指定される。[田島康弘]
『『喜入町郷土史』(1981・喜入町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喜入の関連キーワード鹿児島県鹿児島市城山鹿児島県鹿児島市草牟田鹿児島県鹿児島市武鹿児島県鹿児島市中央町鹿児島県鹿児島市中町鹿児島県鹿児島市永吉鹿児島県鹿児島市南栄鹿児島県鹿児島市南林寺町鹿児島県鹿児島市原良鹿児島県鹿児島市南新町

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

喜入の関連情報