喜入(読み)きいれ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喜入
きいれ

鹿児島県中部,鹿児島市南部の旧町域。薩摩半島の東岸,鹿児島湾に臨む町。 1956年町制。 2004年鹿児島市に編入。古くは給黎 (きいれ) の名で呼ばれ藤原氏の荘園であったが,多くの変遷を経て中世末期に島津氏の家臣肝付氏の所領となった。山地やシラス台地が海岸線に迫って平地が少ない。 1967年海岸を埋め立てて日本石油喜入原油貯蔵基地 (貯油能力 660万 kl。日本最大) がつくられ,急速に活気づいた。農業では乳牛を飼育し,ミカン,エンドウ,スイカ,メロンなどを産する。南部の生見 (ぬくみ) 海岸は海水浴場で,近くのメヒルギ (別名リュウキュウコウガイ。胎生植物) の自生北限地は国の特別天然記念物に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喜入
きいれ

鹿児島県揖宿(いぶすき)郡にあった旧町名(喜入町(ちょう))。現在は鹿児島市の南部を占める一地区。1956年(昭和31)町制施行。2004年(平成16)鹿児島市に編入。『和名抄(わみょうしょう)』の給黎郷(きいれごう)の地。旧町域は、薩摩(さつま)半島南東部、鹿児島湾に面する。薩摩半島の分水界をなす南薩山地の東側斜面で、海岸に沿ってJR指宿枕崎(いぶすきまくらざき)線と国道226号が走る。1967年、中名(なかみょう)に日本石油(現、JX日鉱日石石油基地)の原油備蓄基地が建設(1969年操業)されてから一躍有名になった。その貯蔵能力は735万キロリットルで日本国内の石油使用量の約2週間分である。産業は農業が中心で、近年は畜産、野菜なども生産されるが、耕地が狭く、鹿児島市中心部への通勤者も多い。1969年指宿スカイラインが開通した。南部の千貫平(せんがんびら)からの展望はすばらしい。生見(ぬくみ)海岸には海水浴場があり、「喜入のリュウキュウコウガイ(メヒルギ)産地」は国の特別天然記念物に指定される。[田島康弘]
『『喜入町郷土史』(1981・喜入町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

喜入の関連情報