コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キイロヒヒ きいろひひ

1件 の用語解説(キイロヒヒの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キイロヒヒ
きいろひひ / 黄色狒々
yellow baboon
[学]Papio cynocephalus

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オナガザル科の動物。アンゴラからモザンビーク、タンザニア、ケニア、ソマリアに至る地域に分布する。体色は黄色みを帯びた褐色。四肢が長く、体つきはほっそりとしているが、雄は体重50キログラム、体長100センチメートルになるものがある。雌は小形である。サバンナや疎開林内の地上で生活し、イネ科の穀果や根、木の葉と実、昆虫のほか、カモシカの幼獣などをとらえて食べる。40~100頭の複雄群をつくる。ドグエラヒヒやチャクマヒヒをも含めてサバンナヒヒとよばれることもある。[川中健二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキイロヒヒの言及

【サバンナヒヒ】より

…アフリカの乾燥帯に生息するヒヒの総称。ギニアヒヒPapio papio,ドグエラヒヒP.anubis,キイロヒヒP.cynocephalus,チャクマヒヒP.ursinusの4種を指す。サバンナヒヒを一つの種Papio cynocephalusとし,上記4種をその亜種とする説もある。…

※「キイロヒヒ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone