コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キップハルト キップハルト Kipphardt, Heinar

3件 の用語解説(キップハルトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キップハルト
キップハルト
Kipphardt, Heinar

[生]1922
[没]1982.11.18. バイエルン
西ドイツの劇作家,小説家。ドキュメンタリードラマの唱導者として知られ,その代表作『ロバートオッペンハイマー事件』 In der Sache J. Robert Oppenheimer (1964) は世界各国で上演された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

キップハルト【Heinar Kipphardt】

1922‐82
ドイツの劇作家。シュレジエン(現,シロンスク)出身。1960年頃活動の舞台を東ベルリンから西へ移した。代表作はマッカーシズムに迫害された,アメリカの原爆製造責任者である原子科学者を扱った《オッペンハイマー事件》(1964)で,1960年代に注目を集めたドキュメンタリー劇の系列に属する。ほかに《将軍の犬》(1960),《ヨーエル・ブラント》(1965)などがある。【森川 俊夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キップハルト
きっぷはると
Heinar Kipphardt
(1922―1982)

ドイツの劇作家。シュレージエン(現シロンスク)出身。第二次世界大戦中、学業なかばで召集され、復員後医師となって旧東ベルリンの病院に勤務し、東ドイツの文化官僚を風刺した『シェークスピア至急入用』(1952)で劇作家としての地位を確立した。その後東ドイツを去ってミュンヘンに転居し、『スミール氏の椅子(いす)』(1961)、『将軍の犬』(1962)などを経て、科学が政治に誤用される危険を警告した『オッペンハイマー事件』(1964)で国際的な成功を収めた。ほかに『ヨエル・ブラント』(1965)、『元首の殺された夜』『アイヒマン』などの作品がある。[岩淵達治]
『岩淵達治訳『オッペンハイマー事件』(1965・雪華社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キップハルトの関連キーワードシュレジエンシュレジエン戦争ハウプトマンラウベテレージエンシュタットリーグニツの戦シュレジエン織工一揆上シュレジエン下シュレジエンシュレジエン炭田

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone