コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キヌタ骨 キヌタこつanvil, incus

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キヌタ骨
きぬたこつ

(鼓室)の中にある3個の耳小骨の一つ。ほかの2個の小骨(アブミ骨とツチ骨)の中間に存在する小骨で、形が鉄床(かなとこ)に似ているのでこの名称がある。ラテン語の学名incusは鉄床の意である。三つの耳小骨は相互に微細な関節をつくって連結し、鼓膜と前庭窓との間を連絡している。キヌタ骨は2本の根をもつ臼歯(きゅうし)の形に例えられることもある。鼓膜に達した音波は、これらの耳小骨を通して内耳の聴覚器に伝えられる。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キヌタ骨の関連キーワード聴覚器聴覚難聴砧骨

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android