キャベンディシュ研究所(読み)キャベンディシュけんきゅうしょ

百科事典マイペディアの解説

キャベンディシュ研究所【キャベンディシュけんきゅうしょ】

ケンブリッジ大学に属する物理学研究所。同大学名誉総長デボンシャー公7世の全額寄付により1874年開所。デボンシャー公2世の孫に当たるキャベンディシュにちなみ命名。初代所長はマクスウェル。特に1895年以来,全世界からすぐれた物理学者が集まり,J.J.トムソンラザフォードらの指導下に物理学のメッカとなり,多くのノーベル賞受賞者を出した。
→関連項目コッククロフト

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キャベンディシュけんきゅうしょ【キャベンディシュ研究所 Cavendish Laboratory】

イギリスのケンブリッジ大学付属物理学研究所。イギリスにおける自然科学の研究・教育の立遅れに対する内外の批判にこたえて,1874年,時の同大学総長デボンシャー公からの寄付金を基に設立された。初代所長のJ.C.マクスウェルをはじめ,レーリー卿,J.J.トムソン,E.ラザフォードなど,イギリスを代表する物理学者を指導者に迎え,19世紀末から20世紀後半にかけての物理学の革新と発展に重要な役割を果たした。とくに電磁気学原子物理学の分野では多くの業績を出した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のキャベンディシュ研究所の言及

【トムソン】より

…マンチェスターのオーエンス・カレッジでは工学を学び,1876年に入学したケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジでは数学を学んだ。同カレッジの特別研究員,講師を経て,84年にはレーリーのあとを継いでキャベンディシュ研究所の教授兼所長となった。気体中の電気伝導と放電現象の実験的研究に取り組み,気体中の電気伝導が分子の分解と関連するのではないかと考えて研究を行うが,現象そのものの複雑さや有効な実験装置の欠如によって明確な成果は得られなかった。…

※「キャベンディシュ研究所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android