コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャーティプ・チェレビー Kātip Çelebi

世界大百科事典 第2版の解説

キャーティプ・チェレビー【Kātip Çelebi】

1609‐57
オスマン朝の文人。キャーティプ・チェレビーは職業に基づくあだ名で,本名はムスタファ・ブン・アブドゥッラー。欧米ではハッジ・ハリーファとして知られる。官人の子としてイスタンブールに生まれ,自身も実務官人として各地を転任し諸職を歴任した後,イスタンブールで没した。本務のかたわらイスラム教学と世俗的諸学問の両方面について研究を続け,書誌学,歴史学,地理学,イスラム神学その他広い分野にまたがって多くの著作を残し,オスマン朝最大の百科全書的博学者として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キャーティプ・チェレビーの関連キーワードキャーティプ・チェレビーハッジ・ハリーファ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android