コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュウリュウチュウ(九竜虫) キュウリュウチュウ

百科事典マイペディアの解説

キュウリュウチュウ(九竜虫)【キュウリュウチュウ】

別名キュウリュウゴミムシダマシ。ゴミムシダマシ科の甲虫の1種。体長6mm内外,黒褐色で光沢がある。中国,東南アジアに分布し日本には移入されたと思われる。幼虫,成虫ともに乾燥した植物質を食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のキュウリュウチュウ(九竜虫)の言及

【キュウリュウゴミムシダマシ】より

…甲虫目ゴミムシダマシ科の昆虫。本州以南のほか,中国,東南アジアなどに分布する。成虫は黒褐色で光沢がある。触角は先端へ太まり,胸部背面は後縁の両側にくぼみがある。体長6mm内外。穀類,穀粉,乾燥果実をはじめ乾いた動植物質のものを広く食べる。成虫は食物に数個の卵を固めて,または不規則に産みつける。雌1個体で通常300~400個を産む。孵化(ふか)した幼虫は夏季では約50日後に蛹化(ようか)するが,その間に8回くらい脱皮する。…

※「キュウリュウチュウ(九竜虫)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android