コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュレネ派 キュレネはKyrēnaioi; Cyrenais

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュレネ派
キュレネは
Kyrēnaioi; Cyrenais

キュレネのアリスチッポスを祖とするギリシア哲学の一派。彼は個人的な感覚のみを確実とする立場から,快楽 (肉体的な快) を人生の究極目的とし最高とする一方,真の快を判断するための識見の必要性を説いた。この説は娘アレテ,孫アリスチッポス (初期キュレネ派) ,さらにテオドロスヘゲシアス,アニケリス (後期キュレネ派) などに継承されたが,中心問題は常に努力の対象たる快の規定であった。テオドロスは識見に基づく合目的的行為より生じる喜びを最高のものとし,ヘゲシアスはペシミスティックな立場より識見によって不快を避けることをすすめた。これに対してアニケリスはひとつひとつの行為からくめる限りの快をくむことを生活の目的とした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キュレネ派の関連キーワードビオン[ボリュステネス]テオドロス[キュレネ]小ソクラテス学派個人主義

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android