コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キュロス(小) キュロス[しょう]Kyros ho Neōteros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キュロス(小)
キュロス[しょう]
Kyros ho Neōteros

[生]前423以降
[没]前401
アケメネス朝ペルシアの王ダレイオス2世の子。キロスとも表記される。ペルシア名クラシュ。アルタクセルクセス2世の弟。弱年で小アジアのアナトリアのサトラップ (州総督) 兼司令官に任じられ,スパルタを助けた。前 404年兄が即位すると兄謀殺計画の嫌疑をかけられたが母のとりなしで許された。任地に戻ると王位簒奪の準備を始め,前 401年ピシディア征討を口実にギリシア人傭兵多数を含む1万 3000の大軍を率いてユーフラテス河畔にいたり,そこで兄攻撃を表明。クナクサで王軍と遭遇 (→クナクサの戦い ) ,敗れて殺された。クセノフォンの『アナバシス』はこのときの戦記。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

キュロス(小)の関連キーワードチサフェルネスケライナイ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android