コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

会計監査人 かいけいかんさにん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

会計監査人

会計監査を行なう監査人のこと。会計監査とは会計伝票、財務諸表などの会計記録が会計基準と照らし合わせて妥当であるかを判断・証明すること。商法上の大会社監査役監査役会のほかに、公認会計士もしくは監査法人を会計監査人として選任する必要がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かいけいかんさ‐にん〔クワイケイカンサ‐〕【会計監査人】

会社法により大会社指名委員会等設置会社などに設置が義務付けられている株式会社の機関の一。会社が選任した公認会計士または監査法人が就任し、会社の監査役と連携・分担しながら独立的な立場で財務諸表等の計算書類を監査する。大会社・委員会設置会社以外の株式会社も会計監査人を設置できる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

会計監査人【かいけいかんさにん】

株式会社において,計算書類と附属明細書の監査のために選任される独立の職業的会計専門家で,公認会計士または監査法人でなければならない。株主総会によって選任される。
→関連項目商法特例法

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいけいかんさにん【会計監査人】

一定規模以上の株式会社において,経理の正確さを調査しそれについての意見を公表する任務を持つ,会計の専門家。1974年の商法改正によって制度化された。それ以前にも,証券取引法の適用を受ける会社は,貸借対照表などの財務諸表について,公認会計士による監査を受けることが要求されていた。しかし,それは有価証券報告書など大蔵大臣に提出する書類に含まれる財務諸表についてであり,定時株主総会で承認した後のものを公認会計士が監査していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かいけいかんさにん【会計監査人】

一定の条件下にある株式会社の会計監査を行う外部の有資格者。公認会計士と監査法人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会計監査人
かいけいかんさにん

会社の会計監査(→監査)を行なう者。1974年改正商法による監査制度の充実強化に伴い,特に大会社の不正経理や粉飾決算を防止するため,「株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律」(2005会社法制定に伴い廃止)によって設置された。委員会設置会社および資本金 5億円以上または貸借対照表の負債の部の総額が 200億円以上の株式会社(大会社)において設置が義務づけられている(会社法327条5項,328条)。計算書類とその附属明細書等について監査を行ない,会計監査報告を作成する(396条1項)。監査は定時株主総会前,監査役の監査とは別に行なわれる。資格は公認会計士または監査法人にかぎられ,その選任・解任は株主総会の決議によってなされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

会計監査人
かいけいかんさにん

会計監査人とは、会社法において株式会社の計算書類とその附属明細書等について監査を行うと定められた存在である(会社の機関ではないとの見解が多い。なお、明文上、会社法上の「役員」ではない)。会社法により、委員会設置会社または大会社である株式会社では、会計監査人の設置が義務づけられ(会社法327条5項、328条)、それ以外の会社では、任意に設置できる。また、会計監査人は、公認会計士・監査法人でなければならず(同法337条)、株主総会の決議によって選任される(同法329条)。任期は1年であるが、別段の決議がなければ再任されたものとみなされる(同法338条1項・2項)。会計監査人の選解任・不再任には、監査役(監査役会・監査委員会)が関与し(同法344条、404条2項2号)、会計監査人を解任することもできる(同法340条)。また、監査役等は、会計監査人の報酬の決定にも関与する(同法399条)。
 会計監査人は、会計帳簿等の閲覧謄写権、会計報告徴収権、業務財産状況調査権、子会社に対する会計報告徴収権・業務財産状況調査権などを有する。会計監査人設置会社では、一定の場合、計算書類等を取締役会で確定することができ(同法439条)、剰余金の配当等を取締役会で決定する旨を定款で定めることができる(同法459条)。[福原紀彦]
『山口俊明著『会計監査の実務と理論』(2007・第一法規)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の会計監査人の言及

【会社】より

…取締役の業務執行についてのコントロールは,合議体の取締役会が業務執行を決定する過程で自律的に行うべきものとされたのである(自己監査制度)。ところが,取締役会の自己監査制度は日本には十分に根づかず,74年には監査役が業務監査機関として復活し,さらに一定規模以上の大会社については,新たに会計監査人による会計の監査を必要とするものとされた(〈株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律〉)。この特例法によって,実質的には,株式会社は監査等の面で大会社と小会社とに分化されたことになる。…

※「会計監査人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

会計監査人の関連キーワード内部統制監査報告書会計監査人設置会社計算書類付属明細書内部統制システム無限定適正意見監査役設置会社一時会計監査人限定付適正意見監査等委員会四半期配当投資主総会営業報告書不適正意見意見不表明事業報告合同会社財団法人会計参与外部監査外部統制

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会計監査人の関連情報