コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウラリウス エウラリウスEulalius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウラリウス
Eulalius

[生]?
[没]423. カンパーニア
教皇ボニファチウス1世(在位 418~422)の対立教皇(在位 418~419)。助祭長(→助祭)を務めていたときに,ボニファチウス1世に敵対する聖職者たちに擁立された。この対立が,ときの権力者による教皇選挙への初めての干渉を招くこととなった。西ローマ皇帝ホノリウス(在位 393~423)は,教皇と対立教皇の両者に,ローマを離れ,追ってくだされる議会の決議に従うよう命じた。だが当初皇帝の支持を得ていたエウラリウスは,ラテラノ大聖堂で行なわれる聖週間の儀式をとりしきるためローマに戻った。皇帝の命令に背いたことで支持を失い,ボニファチウス1世が正統な教皇として承認された。ボニファチウス1世が死去すると,再び教皇座をねらうかとみられたが,健康状態が悪く実現できなかった。423年,カンパーニア(→カンパーニア州)でひっそりと死去した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エウラリウスの関連キーワードホノリウス競業避止義務クラティノスホノリウス会計参与債権者代位権フラウィウス ホノリウスCSデジタル放送110度CSデジタル放送野生鳥獣の農業被害

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android