コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キョプリュリュ家 キョプリュリュけKöprülü

2件 の用語解説(キョプリュリュ家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キョプリュリュ家
キョプリュリュけ
Köprülü

17世紀中頃から 18世紀初頭のオスマン帝国において,有能な政治家を輩出した名門。祖先はボスニア人とも,アルバニア人ともいわれる。 1656年サドラザムに就任したキョプリュリュ・メフメット・パシャは,軍紀の粛正と汚職官僚の処罰とに英断を下した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キョプリュリュけ【キョプリュリュ家】

17世紀後半のオスマン帝国で大宰相(サドラザム)を輩出したアルバニア出身の家系。キョプリュリュKöprülüの名は,初代メフメトパシャMehmet Paşa(1578?‐1661)が,後に根拠地としたアマスヤ県キョプリュの地名に由来する。初代メフメト・パシャは,おそらくはデウシルメにより宮廷に入り,地方の諸職を歴任した後,帝国の体制全体が動揺し,ベネチアダーダネルス海峡を封鎖する危機に際し,異例の抜擢により1656年に大宰相となり,粛清・改革を断行し,後を継いだ実子のファーズル・アフメト・パシャ(1635‐71)とともに帝国の勢力挽回に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone