キョーガ湖(読み)キョーガコ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キョーガ湖
きょーがこ
Lake Kyoga

東アフリカ、ウガンダ中央部の湖沼地帯にある湖。西北西から東南東方向に細長く谷状を呈する。長さ230キロメートル、面積2280平方キロメートル、湖面高度は1033メートル。湖面高度が約100メートル高いビクトリア湖から流出するビクトリア・ナイル川の中流部で、北西部の地塊が緩く東方へ傾動することにより排水不良となって生じた湖の一つである。この付近は年降水量が1200~1400ミリメートルあり、湖面周辺はパピルス、スイレン、ヒツジグサなどが繁茂する。ビクトリア・ナイル川のキョーガ湖への入口にあるナマサガリと出口のマシンディ・ポートとの間は航行可能である。[堀 信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android