コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリシマエビネ きりしまえびね

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キリシマエビネ
きりしまえびね / 霧島海老根
[学]Calanthe aristulifera Reichb. f.

ラン科の常緑多年草。エビネに比べて葉はやや細い。花は白色から淡紅色であまり開かず、下向きに開く。唇弁はやや前方で3裂し、中裂片の先端はとがり、長さ1.5~1.8センチメートルの細長い距(きょ)がある。九州、四国、紀伊半島、伊豆七島の常緑樹林の林下に生育する。[井上 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキリシマエビネの言及

【エビネ】より

…強健種。(c)キリシマエビネC.aristulifera Reichb.f. 花は淡紫色または白色の小輪で可憐,半開咲き。(d)アマミエビネC.amamiana Fukuyama 花は淡紫紅色または白色で,花の形はエビネに似る。…

※「キリシマエビネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android