コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリスト教社会党[ベルギー] キリストきょうしゃかいとう[ベルギー]Parti Social Chrétien; Christelijke Volks Partij

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリスト教社会党[ベルギー]
キリストきょうしゃかいとう[ベルギー]
Parti Social Chrétien; Christelijke Volks Partij

ベルギーの主力政党。 1830年の独立以来,政界で重きをなしてきたカトリック党を前身に 1954年に設立。伝統的にカトリック教徒の多いベルギーの労働者階級,商工業エリート層に幅広い支持基盤をもつ。 50年以降各連立内閣の中心政党となっていたが,1960年代に入りフラマン系キリスト教社会党 CVPとワロン系キリスト教社会党 PSCに分裂。 CVPは継続して最大の勢力を保持しており,79年から 91年までの 13年間,W.マルテンスが首相をつとめる政権を維持してきた。さらに 92年3月からは同じ CVPの J.L.デハーネを首相とする4党連立政権が発足。この連立政権は 95年5月の総選挙でも過半数を確保し,デハーネは内閣を続投した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

キリスト教社会党[ベルギー]の関連キーワード奴隷制廃止運動民衆を導く自由の女神パーマストン(子)ギゾースタンダールフランス史(年表)シャルルルイフィリップ赤と黒お蔭参り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android