キリスト教社会党[ベルギー](読み)キリストきょうしゃかいとう[ベルギー](英語表記)Parti Social Chrétien; Christelijke Volks Partij

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリスト教社会党[ベルギー]
キリストきょうしゃかいとう[ベルギー]
Parti Social Chrétien; Christelijke Volks Partij

ベルギーの主力政党。 1830年の独立以来,政界で重きをなしてきたカトリック党を前身に 1954年に設立。伝統的にカトリック教徒の多いベルギーの労働者階級,商工業エリート層に幅広い支持基盤をもつ。 50年以降各連立内閣の中心政党となっていたが,1960年代に入りフラマン系キリスト教社会党 CVPとワロン系キリスト教社会党 PSCに分裂。 CVPは継続して最大の勢力を保持しており,79年から 91年までの 13年間,W.マルテンスが首相をつとめる政権を維持してきた。さらに 92年3月からは同じ CVPの J.L.デハーネを首相とする4党連立政権が発足。この連立政権は 95年5月の総選挙でも過半数を確保し,デハーネは内閣を続投した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android