コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーマストン(子) パーマストン[し]Palmerston, Henry John Temple, 3rd Viscount of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーマストン(子)
パーマストン[し]
Palmerston, Henry John Temple, 3rd Viscount of

[生]1784.10.20. ブロードランズ
[没]1865.10.18. ブロケットホール
イギリスの政治家。首相(在任 1855~58,1859~65)。エディンバラ大学,ケンブリッジ大学に学ぶ。1807年下院議員,1809~28年陸軍大臣を務めた。トーリー党内の自由主義派であるジョージ・カニング派に属していたため,1830年この派がホイッグ党に合流してホイッグ=自由党内閣が成立した際,その外務大臣となり,それ以後 16年間(1830~34,1835~41,1846~51)外相として,さらに 9年間首相として,イギリスの外交政策を指導した。パーマストン内閣の内政上の業績はウィリアム・E.グラッドストン大蔵大臣(在任 1859~66)の尽力による自由貿易予算に見出される。また外交面では,オランダからのベルギー独立援助(1830~31),スペイン,ポルトガルの立憲君主派支持(1834),ハンガリー,ポーランドなどの民族独立運動(1848以降)に対して同情的な立場をとり,ヨーロッパの勢力均衡維持のために,エジプト事件,クリミア戦争などに巧妙な外交戦を展開した。しかし中国に対してはアヘン戦争によって中国の諸港を開放させ,南京条約によってホンコンをイギリスに割譲させるなどの海外干渉を行ない,さらに長江沿岸,華北の諸港の開放を要求して,アロー戦争を引き起こし批判を受けた。インドにおいてはインド大反乱を鎮圧した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パーマストン(子)の関連キーワードダービー(伯)ビクトリア川鼻仮条約

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android