コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キリスト降誕祭 キリストこうたんさいFestum nativitatis Domini nostri Jesu Christi; Christmas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリスト降誕祭
キリストこうたんさい
Festum nativitatis Domini nostri Jesu Christi; Christmas

クリスマス。 12月 25日に行われるキリスト誕生を記念する祝日。教会暦では1月6日の公現祭の前日までを降誕節とする。復活祭と並んで最も盛大に祝われるキリスト教の祝日。祝日が 12月 25日となったのは,4世紀中頃の西方において異教徒が冬至に定めた太陽崇拝の祭日に,キリストの誕生を結びつけたからで,東方ではそれまで公現祭のほうが重要であった。一般的な行事としては,知友の間でクリスマス・カードを交換して平安を祈り,家庭でもクリスマス・ツリーを飾り,家族や親しいものの間で贈り物をする風習がある。アメリカでは清教徒の反対のため遅れ,一般化したのは 19世紀中頃。スコットランドの長老派もクリスマスを完全に禁止したことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

キリスト‐こうたんさい〔‐カウタンサイ〕【キリスト降誕祭】

クリスマス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

キリストこうたんさい【キリスト降誕祭】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

キリスト降誕祭の関連キーワードビヨン(François Villon)ロマノス・メロドスキリスト教会暦カーニバル固定祝日祝祭日降誕祭宴会

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android